Yoshioka Dental Office

 
→ HOME
 
→ ご挨拶
→ 根の治療とは
→ コンセプト
→ 患者さんへ
→ 医療関係者の方
→ アクセス
→ リンク

 

 
 

メール メール

 


歯内療法の紹介

 歯内療法とは

 一般の方にはなじみの少ない言葉かもしれませんが、いわゆる根の治療、根管治療を担当する分野です。歯髄を残すための診断、歯を残すための診断・治療を行います。

 位置づけ

 海外では独立した診療分野ですが、我が国では歯科保存学の一分野となっています。歯科保存学とは、むし歯の治療、歯周病の治療、歯の根の治療の3つを含んだ学問分野です。

 歯内療法で対象とする疾患

象牙質知覚過敏症
 歯がしみる状態です。歯磨き指導や薬剤塗布で治る場合から、神経を取り除いたりしなければならない場合があります。

歯髄炎
 むし歯などが原因で歯の根の神経に起きた炎症です。程度により、神経を残すことができたり、神経を取り除いたりします。

 

根尖性歯周炎
 根の中の細菌感染が原因でできた根の先の骨の炎症です。通常の治療で治る場合、手術が必要な場合、歯を抜かなければならない場合があります。

歯の治療後の再発
 審美治療、つまりきれいな歯をかぶせたりしたあとで、歯茎が腫れてきたり膿がでてきたり、違和感が出てくることがあります。その歯を壊して治療をやり直すのは費用がかかりすぎます。そのような場合、状況に応じてかぶせた歯はそのままにして治療します。

 

歯の破折
 歯が割れることです。程度により、歯を残すことができるものから抜かなければならないものまであります。根の治療後に割れてしまった場合、抜歯となることが非常に多いです。

歯の吸収
 大人の歯でも、乳歯のように溶けてしまうことがあります。程度に応じた対応となります。

器具の折れ込み
 根の治療中に使用した器具が折れて根の中に残留してしまうことがあります。程度に応じた対応となります。

根の穿孔
 歯の根は、想像以上に薄いことがあります。基本に忠実に治療をしていても歯に穴が開いてしまう場合があります。程度に応じた対応となります。

 

歯の漂白
 歯を白くすることは審美歯科の専門と思われがちです。でも歯内療法の分野なのです。根の治療をしたあと、かぶせたりしないで歯を白くすることができます。もちろん歯の神経が残っている場合も対応可能です。


その他
 もともとの歯の形が原因で疾患が生じることもあります。状況に応じた対応となります。